Mac Book Proのストレージがその他で圧迫されていた

Created: October 03, 2020 7:09 AM
Last Edited: October 26, 2020 12:06 AM

Mac Book Proのストレージが空き容量が全く無くて、ひどい時は3GBしかなかった。使ってないプロジェクトを消したりしたりして40GBくらいまで増やしたが、「その他」なる項目に150GBほど占有されており、これが気に入らない。

Appleのチャットサポートで尋ねたところ、以下の回答を頂いた。

😀
「不可視のファイルが容量を圧迫しているようですので、必要なファイル類を手動でバックアップし、ディスクをフォーマットしてください。」

マジでやりたくない。CLIやアプリケーションも全て入れ直さないといけないし、本当に面倒臭い。なので試行錯誤した記録。

情報

そもそもストレージ250GBに甘んじたのがよくないのでは?

  • MacBook Pro (13-inch, 2019, Four Thunderbolt 3 ports)
  • macOS Catalina v10.15.5
  • メモリ16 GB
  • ストレージ 250GB

あまり効果がなかったこと

mac-cleanupの実行

3~4GBくらい空いたが、焼け石に水感。

loading

CleanMyMacの使用

7GBくらいしか空かなかった。時間かかる割りには...という印象。

インデックスの再構築

そもそも「その他」がこんなにいっぱい表示されているのおかしいだろと疑い、インデックスがちゃんと構築されてないのでは?と推測した。やってみたがあんまり意味なかった。

効果のあったこと

dockerの不要コンテナ/イメージ/ネットワークを削除

./Library/Containers/com.docker.docker が97GBもあった。docker system pruneで30GBほど空いた。

再起動

再起動するだけで7GBくらい空いた。キャッシュが飛んだのかな。

キャッシュ削除

キャッシュの削除。これで12GBほど空いた

sudo rm -rf /System/Library/Caches/* /Library/Caches/* ~/Library/Caches/*

結果

空き容量 +54.42GB

before

loading

after

loading

反省

  • 「何をしたら空き容量が増えるのか」と「とにかく空き容量を増やしたい」という観点が混ざってしまい、逆に手間が増えた部分もあった。
  • もっと手順ごとにストレージの空き容量の差分をみるべきだった
  • vscodeとかchromeがちょっと動作遅くなった。多分キャッシュ削除したせい。
  • もっと増やせるんじゃないか?

参考

safariは関係なかったけど、duコマンドをコピペすればそのまま使えるから楽。

loading

Macのキャッシュ削除はここを参考にした。

loading

これ消さなくてよかったやっていうのを復元するのに役立った。TimeMachineってファイル単位て復元できるんだね。

loading

<-

<<-