2022.06.10

先日、31歳になりました。誕生日は6月6日だったんですが、息子のお宮参りと百日祝い、お食い初めを1日でこなすっていうハードスケジュールで自分のことはすっかり忘れていた。

最近はもう仕事に飽きていて、とりあえず33歳を目処にエンジニアというか企業勤めを終えようと思う。今の会社には強い不満はなく(退職しない程度にはあるけれど)、問題は自分にある。社会へ貢献して報酬を貰うという当然の経済活動へ与するのがもうめんどくさくなってしまった。そもそも、話したこともない他人がそれほど好きじゃない。いままでエンジニアとしてやってこれたのは自己肯定感と万能感、平均以上の給与が手軽に得られ、働き方が柔軟に選択できるから。

2年後にどうやって生きていこうかまったく思いついていないけれど、とりあえず大量にある資産を活かそうと金融について勉強を始めている。現状、不労所得だけで家族が生きていくことも全く可能だが、相続には金がかかる。息子へ色々残そうと考えているので、そのためには相続税分の現金が必要になる。また、自分には存命の母がいる。いずれ母が死ぬと相続があり、これにも相続税がかかる。美しき再分配に飲み込まれてうっかり勤勉を強制されないよう金の地盤を固める必要がある。

こういうことを書いたり喋ったりすると知人友人に金持ちアピールと揶揄われたり反発されたりして、なかなか打ち明けるのが難しい。ファイナンシャルプランナーとか探そうかな。